現在のページ : トップページ

日本人とトイレ

私たち日本人にとって、トイレとは一体どんな空間だと思いますか。
もちろん「排泄する」というのが第一の利用目的ですし、排泄という行為は決して見られたくない恥ずかしいものだからこそ、トイレは密室空間というイメージが強いのではないでしょうか。
実際住まいの中でもっとも閉塞感があり密室的なのはトイレだと思います。

大抵の人がトイレをひとりで利用するでしょうし、リビングや寝室のように誰かと共存するスペースではないでしょう。
一方で密室だからこそ「自分だけの空間」「自分だけの時間」を感じられるのがトイレであるという感覚を持っている人も、意外に少なくないようです。

その証拠に、トイレの壁に世界地図を貼ったり、漫画や文庫本を持ち込んだり、自分好みにインテリアを可愛くしてみたり、狭い空間であるにもかかわらず少しでも過ごしやすいように工夫しようとしている人たちがいます。

排泄自体は短時間で済むというのに、何故トイレを居心地よくしようとするのでしょうか。
それは、トイレという密室に閉じこもって自分だけの時間をつくりたいのです。

また日本人はとてもキレイ好きです。
排泄するということはトイレは非常に汚れやすいところですが、日本の住宅のトイレは非常にキレイで、住宅だけでなく公共スペースのトイレもひどく汚れているのは利用者の少ない公園や駅のトイレにたまにあるぐらいで、大体のトイレはいつも清掃されてキレイです。
最近では百貨店などの商業施設内にトイレらしからぬオシャレなデザインのトイレが登場し、なぜかトイレに行くだけなのにワクワクする感覚を抱くことがあります。

日本人にとってトイレは単に排泄空間だけではないようで、それが海外からの観光客から不思議に思われ、また”日本のトイレ”は素晴らしいと絶賛される所以です。